家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi

家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi

注文住宅の節約ポイント

注文住宅は、こだわりたい部分と省いても良い部分とのバランスをとることで、予算内で納得のいく住まいを建てることができます。

リーズナブルな価格で建てるためのポイントを紹介していきます。

リーズナブルな費用で注文住宅を建てる方法をチェック

建物の形状や間取りを考慮

建築にかかるコストは、建物の形状によって大きく変動します。これは、同じ高さ・床面積の場合でも当てはまります。

例えば、丸みを帯びたデザインにするとなると、屋根や壁に使用する材料を丸く加工する必要があります。

それをひとつずつ組み合わせていくことになるため、材料費だけではなく、人件費も高くなってしまうのです。建物の形状はなるべくシンプルにすることで、費用を抑えることができます。

それに合わせて床面積を減らすのもコスト削減のポイントです。単純に規模を小さくしてしまうと、バランスの悪い建物になってしまうので、計画段階から調整していきましょう。

また、壁や床といった、面積が大きい場所に使用する建材のグレードもコストに大きな影響を与えます。すべてをグレードアップさせてしまうと、予算を大幅にオーバーすることになりますので、優先順位をつけてグレードにメリハリをつけるようにしましょう。

土地選びの重要性

広々とした家にしたくて、必要以上に大きな土地を選んでしまうと、土地代金に加えて建設費も膨らんでしまいます。ライフスタイルに合った土地を選ぶことで、必要以上の出費を防げます。

逆に、極端に小さい家や、崖の途中にあるような土地の場合でも、費用が高くなってしまうことがあります。

土地が小さい場合、普通の土地に比べて安く購入することができますが、工事の時にクレーン車などが入れなかったり、特別な機材が必要になったりすると建設費用が割高になってしまうのです。

土地を探す際は、土地と家との予算割合を決め、その割合から土地を絞り込んでいくことがポイントです。どちらにどのくらいのお金をかけたいかを考えながら探すことで、希望通りの家を建てることができます。

使用する素材によって価格も変動

建材や設備にもグレードがあり、使用する素材によって価格は大きく変動します。機能性に富んだ設備とは違い、見栄えやデザイン性のみに特化した建材はそのうち気にならなくなるものです。そのため、建材は経済的に優しいものを選ぶようにすると良いです。

どんな建材や設備を使うのか、契約前にしっかりと確認してコスト調整を行いましょう。

その他でかかる費用も考慮

家を建てる際は、建物以外にかかる費用にも注目する必要があります。

建物本体以外に、地盤改良工事や外構工事、照明やカーテン工事といった付帯工事費用が発生します。一般的にこの付帯工事費用は、総予算の15%を占めるといわれており、敷地の条件や計画内容によって増減します。

他にも、登記費用や火災保険、地鎮祭などの諸費用もあります。手数料や別途設計費用なども発生することを考えた上で、資金計画をしておきましょう。

千葉県の住宅補助金・助成金を上手に活用

注文住宅は大きな金額がかかるものの、希望する家を建てるためには予算を削りたくないですよね。安全面や耐震性などいろいろ考えているうちに、注文住宅を建てること自体諦めてしまうことも。予算が足りないとう場合は、千葉で注文住宅を建てるときに受けられる補助金や助成金に目を向けてみましょう。

千葉県千葉市の住宅補助金・助成金

千葉県千葉市の場合、「三世代同居等支援事業」によって助成金が出ます。高齢者が孤立するのを防ぎ家族の絆を強くすることを目的に、三世代家族の同居などで必要となる費用の一部が助成されるというものです。条件が整えば、1年目は新築費用や引越費用に最大で100万円助成金が出ます。2年目と3年目には固定資産税や都市計画税が助成されるので、同居を希望する場合はぜひ利用したいですね。おもな助成要件は次の通りです。

  • 離れて住んでいる「親・子・孫」の三世代が市内で同居したり、直線1km以内に住むこと
  • 65歳以上の親が、1年以上千葉市に居住している
  • 親が単身か夫婦だけの世帯である
  • 同居や近隣に住んでいる状態が3年以上継続できること

ほかにもいくつか条件があるので、千葉県千葉市のホームページをチェックしてみましょう。

千葉県松戸市の住宅補助金・助成金

千葉県松戸市では、出産予定を含む中学生以下の子どもがいる子育て世代に対して、「三世代同居等住宅取得支援」を行っています。親世帯と同居か近くに住むなどの条件がそろえば、最大で100万円の補助金を受けることが可能です。この補助金だけでなく、住宅金融支援機構のフラット35を利用する場合は、借入金利が当初5年間0.25%の利率引き下げが可能です。事前相談の際にその旨を伝えましょう。おもな住宅要件は次の通りです。

  • 自己で住むため市内に取得する戸建て住宅であること
  • 親世帯と直線2km以内の近居にある住宅

ほかにもいくつか条件があるので、千葉県松戸市のホームページでご確認ください。

長期優良住宅建築等計画認定制度

「長期優良住宅建築等計画認定制度」は、いい注文住宅を建てて、きちんとした手入れを行い、長く住むことで環境に負担をかけず居住費の負担を軽くすることを目的にしています。「長期優良住宅」とは、簡単にいうと長期間にわたって良い状態を維持するための措置が講じられている優良な家のこと。長く住むための構造や設備が整っている、居住環境への配慮がされているといった住宅を意味します。ほかに、一定の面積以上の住居面積があること、維持保全するための期間や方法が定まっているといった措置を取ることが必要です。長期優良住宅の認定には、劣化対策や耐震性などさまざまな条件があります。千葉県でも認定基準を満たせば、最大100万円の補助金のほか、住宅ローン金利の引き下げや、税の特例措置などを受けられます。細かな内容については、千葉県のホームページを確認してみましょう。

省エネルギー設備の支援

千葉県では、省エネルギー設備に対して「千葉県住宅用省エネルギー設備等導入促進事業補助金」が受けられます。再生可能エネルギーの導入促進のための補助金事業で、ガスと空気を利用して電気やお湯を作れる「家庭用燃料電池システム(エネファーム)」が補助対象設備です。ほかにも、多感にためた電気を昼間の電力需要ピークタイムに活用する「定置用リチウムイオン蓄電システム」なども対象になっています。

補助金の一例

  エネファーム 定置用リチウムイオン蓄電システム
千葉市 10万円 10万円
船橋市 一律10万円 一律10万円
市川市 上限10万円 上限10万円

補助要件などの詳細は、各市町村のホームページで調べられます。千葉に注文住宅を建てて地球環境に貢献できたら素敵ですね。

費用的にも満足できる家を購入

ここでは、家づくりにおいて大切なポイント、失敗しないために重要なことを説明していきます。

満足できる家を建てる鉄則

家を建てる際、どんな家を建てたいか、どこにこだわりたいのか、を考えて家を建てることが大切です。何となくの価格とデザインで家を建てる方は意外にも多い傾向があります。

そうなると、口コミやモデルハウス、セールストークに惑わされてしまって、一時的な感情で住宅会社を選び、予算をオーバーしてしまうことも起こり得るのです。

家づくりで失敗しないポイントとしては、自分の建てたい家をしっかりイメージすることです。家に求める条件や、どんな家が必要なのかを考えて住宅会社選びをすることで、納得のいく家づくりをすることができます。

情報収集の重要性

注文住宅で失敗しないためには、情報収集をすることも大切です。

まず、近場にある地域密着型の住宅会社を見つけてみましょう。良い会社は大手だけではなく、近くに優良な工務店がある可能性もあるのです。

そして複数の住宅会社の見積もりを比較します。一社だけだと、本当に自分の希望を通してくれるかどうかを判断するのは難しいため、必ず複数社と比較するようにしましょう。

 
家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi