家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi

家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi

【千葉】新築注文住宅のシックハウス症候群と炭のパワーを解説!

「シックハウス症候群」は体に痛みや吐き気などの症状が現れる

シックハウス症候群とは、新築住宅やリフォーム直後の住宅に入ったとき、皮膚、目、のどの違和感や痛み、または倦怠感や吐き気といった症状が現れる症候群のことです。

まだ原因や症状のすべてが解明されているわけではありませんが、新しい建材に含まれている化学物質や、ダニの死骸などが原因となってアレルギーのような症状を引き起こしているのだと考えられています。

原因となる有害物質は、塗料や防腐剤、接着剤といったごく一般的な建材に含まれているので、一度症状が出ると換気をしつづけなければなりません。

窓を閉め切り、エアコンを使って室内の温度を上げる秋冬にかけては症状も出やすくなります。

24時間換気ができる「炭の家」!

シックハウス症候群を防ぐ方法は、無垢材などの化学物質が含まれない建材だけで家を建てるか、化学物質が含まれる建材があっても症状が出ないくらい空気を清浄に保つかのどちらかです。

そこで、おすすめしたいのが「炭」をつかった24時間換気システム「炭の家」の導入です。炭の家は、北海道の独立行政法人とハウスメーカーが共同開発した特許取得工法で、正式には「炭1トン仕様カーボンエアクリーンシステム」といいます。

1トンの炭で内外の空気をクリーンに!

炭の家工法では、湿気が発生しやすい1階と2階の床下部分に合計1トンもの炭を設置するのが特徴です。外から取り込む空気を炭と触れさせることでクリーンにし、床や壁から空気を循環させます。

炭がもつ有害物質の吸着能力はすさまじく、厚生労働省が出している有害物質の室内濃度基準を大きく下回る結果を出しているなど、効果は折り紙付きです。 吸気と排気どちらも行う換気システムで、室内を閉め切っていても空気の流れが淀まないので、無垢材等にこだわらなくてもシックハウス症候群を防ぐことができます。

千葉で炭の家を建てられるハウスメーカー「フレスコ」

千葉で「炭の家」を建てられるのは、ハウスメーカーの「フレスコ」だけです。新築の注文住宅を建てたあと、換気システムを導入するのは簡単ではありません。

シックハウス症候群は、だれもがある日突然発症する恐れのある症候群です。外の空気に含まれる有害物質対策にもなるため、千葉に家を建てるならフレスコの「炭の家」がおすすめと言えるでしょう。

 
家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi