家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi

家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi

千葉でお得に注文住宅を建てるために知っておきたいポイント

千葉県千葉市

千葉の注文住宅の費用相場は2,000万円台~3,000万円台となっています。

土地や広さによって費用は変動しますが、注文住宅を安く買うことは無理だと思っている方は少なくないでしょう。

ですが、選び方次第では相場よりも安い価格で住まいを購入することができます。

注文住宅に住むのも夢じゃない!~安く購入するポイント~

お得に家を買うには、購入額か総支払額を減額することが重要です。

まず、購入額を減らすポイントとして、住宅の希望条件を譲れるものと譲れないものとで分けて、譲れるものを省くことです。希望条件が多くなるほど費用は高くなるので、なるべく条件を省いて価格を下げていくことがポイントです。

購入額を減らすには、相場よりも安い物件を見つけることも重要です。

個性ある形の土地や、未入居物件は相場よりも安めです。変形土地の場合、実際に現場に行ってどんな建物が建てられるか確認し、有効活用できそうなスペースがあれば駐車スペースにするなどして理想の住まいを設計していくと良いです。

未入居物件とは、建築してから1年が経過している物件をいいます。未入居となっている主な原因として、ローン審査の不備といった諸事情が主になります。

そのため、住宅としての機能性は全く問題ありません。新築同様のきれいな家を安く買えるので、これも狙い目です。

総支払額を減額するポイント

総支払額は住宅ローンや諸費用によって決まるので、利子や諸費用という名で着ぶくれしている部分をできるだけ取り除き、金額を減らすことが大切です。

注文住宅を安く購入するポイントはいくつかあるので、なぜ安くなっているのか、理想の住まいを建てられる条件が揃っているか、などを確認しながら選んでいきましょう。

注文住宅の節約ポイント

住宅注文の際にコストを上下させる要素は、家の外装、家を建てるための土地、家を構成する資材のグレード、照明やカーテンを始めとする家の内装などが挙げられます。少しでも節約したいのであれば、これらの点に注意を払いましょう。

また、建築費用自体が安くなるわけではありませんが、千葉県千葉市および千葉県松戸市では、特定の条件を満たした方々に対して新築の際に最大100万円の助成金が与えられます。

長期優良物件に指定された住宅や省エネ設備を導入した物件に住んでいる場合は、助成金を県から援助してもらえるので、これらの制度を上手に利用していきましょう。

>>注文住宅の節約ポイント

夢の注文住宅!千葉の新築戸建ての住宅ローン返済プランを解説

住宅ローンには、大きく分けて三つのプランがあります。一つはリスクが高めながら、金利は最も安い変動タイプ。

最初から金利が一定に決まっている全固定タイプ。上記二種を組み合わせた固定タイプ。それぞれ一長一短なので、よく考えて決める必要があります。

ローンの申請は見積もり、事前審査、正式審査の三つの段階に別れており、見積もりだけなら銀行ではなくインターネットからでも申し込み可能です。

プランの選択は、プラン毎の見積もり内容を見比べたり、クチコミを参考にしてから決める方が無難です。ローンは比較的緩めな条件の減税制度もあるので、条件に当てはまりそうな場合は忘れず申請しておきましょう。

>>夢の注文住宅!千葉の新築戸建ての住宅ローン返済プランを解説

【千葉】新築注文住宅のシックハウス症候群と炭のパワーを解説!

シックハウス症候群とは、新築やリフォーム後の家に入った際、咳や吐き気を始めとする身体の異常を引き起こす症状のことを指します。

まだ、原因はよくわかっていませんが、ダニの死骸や化学物質が原因となったアレルギーではないかと言われています。

そんなシックハウス症候群に有効なのが、炭の家。湿気のたまりやすい一階と二階に重さ1tもの炭を配置し、炭の持つ有害物質吸着能力を活かして空気を浄化することでシックハウス症候群を未然に防ぐことができます。

炭の家を扱っているのはハウスメーカー「フレスコ」だけなので、シックハウス症候群が気がかりな方はフレスコに依頼しましょう。

>>【千葉】新築注文住宅のシックハウス症候群と炭のパワーを解説!

注文住宅にかかる費用はどれくらい?〜費用相場をチェック〜

元々所有していた土地に注文住宅を建てた人の首都圏の建設費の平均費用は、3598.9万円。同条件の千葉県の平均費用は3254.0万円です。

注文住宅を建てた人の平均年齢は首都圏も千葉県もおよそ44歳で、家族構成は3人から4人家族が多いようです。

また、家を建てた人のほとんどは会社員であることが多い模様。住宅を必要とした理由は、「狭い」ことを理由に挙げる方が最も多くの割合を占めていました。

その一方で、土地と住宅を合わせて購入した方は、首都圏・千葉県共に建築費は1000万円程低くなっていますが、土地代が高く、トータルで1000万円程多くの費用が必要となります。

また、住宅を必要とした理由は土地を最初から所持していた方々とあまり変わりませんが、全体的に世帯主が若く、家族構成員の数が少ない世帯であることが特徴的です。

>>注文住宅にかかる費用はどれくらい?〜費用相場をチェック〜

千葉県の土地相場

千葉県は東京のベッドタウンとしての需要だけでなく、近年デパートを始めとする商業施設なども増えており、住みやすい環境が整っている場所です。

人口の多い街の土地相場は安い場所でも坪当たり約30万円、高い場所では坪当たり100万円にまでのぼります。

スポット別の人気を見てみると、駅別で分けた場合、近年開発が急激に進んでいる流山おおたかの森が最も人気で、坪当たりの価値は66万円ほど。

エリア別で見た場合は、比較的安めの坪当たり42.1万円のアクセス面で優れている船橋市が最も人気を博しています。

>>千葉県の土地相場

注文住宅の建築工法について

建築工法は大きく5つに分けることが出来ます。夏は涼しく、冬は暖かい、木材が主軸となるので自由な設計を考えられる「木造軸組工法」。

設計には制限がかかるものの、耐震性が高く、断熱に強い「ツーバイフォー工法」。

軽量鉄骨を使用し、デザイン性は低いものの、価格が比較的安めに抑えられ、安定した建物に仕上がる「鉄骨軸組工法」。

重量鉄骨を利用し、コストが高く、時間もかかるものの、デザイナブルな設計が可能な「重量鉄骨ラーメン工法」。

鉄筋とコンクリートを使用し、コストはかかるものの、最も耐震性を始めとした耐久性に優れており、デザイン性の高い設計も可能な「鉄骨コンクリート構造」。それぞれ一長一短の特徴を持つので、慎重に選びましょう。

>>注文住宅の建築工法について

千葉の注文住宅でランニングコストを抑えるなら太陽光発電がオススメ

住宅維持で必要不可欠である光熱費という名のランニングコスト。太陽光発電を導入すれば、これらの費用を大きく抑えることが可能です。

また、太陽光発電によって得た電力は売電することによって生活費の足しにすることも可能。少々高くつくことがネックと考える方もいると思いますが、売電をすれば10年間で設置の際にかかった費用全てを取り返すことが可能です。

また、千葉県では太陽光発電の設備を設置した施設へ助成金を出す制度が存在しているので、実際にはもっと短い期間で元を取ることが可能となります。

ただし、太陽光発電に理解のない業者に頼むと設置の際に多く費用を請求されてしまう場合があるので、その点にだけは注意が必要です。

>>千葉の注文住宅でランニングコストを抑えるなら太陽光発電がオススメ

 
家族の希望を叶える千葉の注文住宅メーカーNavi